【固定記事】ブログを設置しました

こんにちは、こむぎこです。
茅歌コナギの配布サイト(https://numanoie.jimdo.com/)にブログを設置しました。

音源の配布にあたって各ページを作る度、ついつい余計なこと(制作の意図など)を書いてしまって
ページがごちゃごちゃするなぁ…と以前から悩んで(?)いました。
そもそも、ねらいや想いといったものは自分の中に留めておけば良いのですが、
記念(自己満足)にまとめておきたいという気持ちが度々湧いてきまして、
ともするとその気持ちに負けてツイッターで呟きたくなってしまうこともありました。
以後、無益なことについてはこちらのブログで書いていきたいと思います。
主に、各音源について、または投稿させていただいた動画について書いていきます。
(恥ずかしくなったら随時消して行きます…)

スマホから気軽に投稿できるブログを探した結果、こちらのFC2ブログに行き当たりました。
もしも使っていて難点が出てきたら、あっさり移転したいと思います!

なお、いままでと同じく、お問い合わせに一番早くお返事できる窓口はtwitter(@komu_kaya)ですので、
何かありましたらそちらかメール(配布サイトの「お問い合わせ」のページをご確認ください)でお願いいたします。
ブログにコメント頂いた場合、確認が遅くなってしまうかと思います。すみません。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

こむぎこ(tiwtter @komu_kaya)
スポンサーサイト

テーマ:UTAU - ジャンル:音楽

【振り返り】茅歌コナギ-ひつじぐさ(柔連続音)ver1.0 について

音源について、制作してみた感想や意図、反省点などをふりかえる記事です。
日記のようなものですので有益な情報はありません。


茅歌コナギ-ひつじぐさ(柔連続音)ver.1.0 2016年11月20日配布
配布動画:



※「はまおぎ(弱連続音)」と同じ動画です。

【音源の特徴】
やや明るめであたたかい声色、弱い声
…どちらかというと明るめの弱系音源です。つぶやくように歌います。
良い点:
 通常連続音と同じような声質で、弱めの声になっている。
悪い点:
 音質が悪く、ノイジーである。2音階しかないので高音が不自然。

通常連続音をそのまま弱くしたような声になっています。
配布動画ではresamplerを用いていますが、ノイズ(ジリジリした感じ)がやや目立ちます。
テストしませんでしたが、fresamp11等のほうが綺麗に出音されると思います。

【制作の意図】 
もともとは「通常音源と併用して抑揚をつけられるような弱音源を作りたい」と考えたところから始まりました。
弱系音源はこうほねと同時期に録音したものがあったのですが、動作が安定せず没にしました。
(結果として、音質の差や発音の違いが目立つので、併用はちょっと難しいかな…という感じです;;)

【録音の際に気をつけたこと】
以前に弱系音源(没)を録音した際、声色・声の温度が統一できなかった反省を活かしまして、
特定の曲を意識しながら録音することを心がけました。
この音源では、bakerさんの「celluloid」という曲を歌うイメージで、静かで弱いけれど温もりの感じられる声色を目標にしました。
(この『一つの曲をイメージして録音する』という方法は、自分に合っていると感じています。
 具体的な指標を作らずに録音すると、声質がブレたり、発音が声色とちぐはぐになってしまったりするもので…
 以後の音源ですと、「おもだか(強連続音)」も同じような方法で収録しました。またチャレンジしたいです。)

実際にUTAUを通してみると、たいして声が弱く感じられないことに気づきまして、大変あせりました…;;
そもそも弱めの声を保つのが自分にとっては簡単でなく、油断するとささやき気味になって声色が変わってしまったり、喉があたたまってくるとはっきりした声になってしまったり…
(今思えば、諦めてささやき寄りの声にしておけば自然だったかなと…
 自分の場合はどうも、声質をそのまま弱くしようとすると大して弱くならなかったり、ぼそぼそと固めの声になってしまったりするようです。)
発音についても、もごもごさせようと考えて8モーラ140bpmで録音したのですが、いつもとあまり変わっていないかと思います。

それと、UTAUを通したときのノイズが今までに比べると大きく感じまして、それについてかなり悩んだ記憶があります。
原因は特定できていませんが、一音一音が短いために引き伸ばすと汚くなること(これ以降、140bpmでの録音を避けていたのでした…)、
録音時の声の小ささのせいでノイズが増幅されやすいことなどが考えられます。
当初はお蔵入りも考えていましたが、勿体なくて配布することにしました…。

【原音設定】
140bpm・8モーラという今までに用いたことのない設定で録音したため、
久しぶり(?)に自動推定からやり直しました。
語尾音素の設定に悩み、使いながら直したのですが、未だにいまいちかもです(先行発声の位置が前過ぎて、語尾がちょっとしつこいかも…)。
また原音設定からは離れますが、デモの調声で初めて母音の無声化にチャレンジしました。
(のちに、「じゅずだま」で無声化用のVC音素を初めて搭載しました。)

【まとめ】
前述の通り、思ったような声にならなかったりノイズが気になったりで、お蔵入りにすることも考えていました。
ですので、今こうしていろいろな方に使って頂いていたり、「あの動画良かったね」と声をかけて頂いたりするのが信じられない思いです…ありがとうございます。
確かに、(コナギの特徴のひとつかもしれない)素朴さやあたたかさについては、この音源に一番よく表れているかもしれません。
出来れば、あたたかくて優しげな音源をもう一つくらい作ってみたいな…と思っています。
(次こそはしっかりとノイズ対策をして、もう少ししなやかな感じにできたら良いなと思います…!)

テーマ:UTAU - ジャンル:音楽

【振り返り】茅歌コナギ-わたすげ(ささやき連続音)ver.1.0について

音源について、制作してみた感想や意図、反省点などをふりかえる記事です。
日記のようなものですので有益な情報はありません!!
また、配布用のカバー・動画についてはいずれ別の記事でまとめさせて頂きたいと思います。


茅歌コナギ-わたすげ(ささやき連続音)ver.1.0 2016年8月28日配布
配布動画:



【音源の特徴】
やや明るめであたたかい声色、ささやき声
…比較的明るくフェミニンなウィスパーボイス(息の成分が多め)です。
良い点:
 可愛らしい(多分)。
 コナギには珍しく、くせが弱めで自然に歌わせやすい。
 比較的低音に強い。
 エッジ音素が使いやすい。(ささやき声の中でちょっとだけ使うとアクセントになると感じます。)
悪い点:
 コナギのほかの音源との違いが大きい(声質面)。
 tn_fndsとの相性が良い音源だが、まれにノイズ*が乗る。
 *…子音が長い音では、子音の途中で波形が欠けてしまうことがあるようです。
   mixすると気にならなくなるものが多く、自分は書き出した後に波形を編集してしまうのですが、
   不具合には違いないので言及いたします。

コナギのほかの音源とはかなり違った声をしています。
柔らかくささやいた声なので、コナギ特有のこてこてした感じ(?)が少なく、歌わせ易いと思います。
resamplerでも使えますが、tn_fndsで出音しますと綺麗にささやきます。
低音にも比較的強いです。(声質によるものかなと…クリア系よりささやき・ハスキー系の音源のほうが、低音へのピッチシフトに強い気がします。)
後続の「はまおぎ(弱連続音)」も、同じささやき系として使えます。

【制作の意図】 
通常連続音の次に録音したものです。
通常連続音を制作した際、UTAUを通しているのにもかかわらず、歌声が想像以上に自分らしくなっている(声質や歌い癖が近い?)のが面白いなと感じまして、
では普段の自分と離れた声で録音したらどんな歌声になるのだろう…?等々と考えて、このような声で録音をしてみたのでした。
また、色々な女性声の音源さんを知る中で、コナギにももっと優しげで女の子らしい音源があれば良いなぁ…と感じることがしばしばありました。これも、ささやき音源の制作のきっかけの一つです(多分…)。

【録音の際に気をつけたこと】
あまり色々と考えずに録音しました。
とにかく、可愛いささやき声!可愛い女の子の声!!という点を意識していたはずです…
発音については、良くも悪くもコナギらしい喋り声風になっているかなと…

なお、当初は2音階でリリース予定でしたが、配布動画でカバーする曲の音域が広めだったので途中で3音階目(B4)を追加しました。
深夜に酸欠になりながら、OREMOの自動録音モード2*で一気に録音した記憶があります。(ささやき声って、意外と沢山の息を使うようです…。)
*…それまではモード1で探り探り録音することが多かったのですが、モード2で一気に録音してしまったほうが迷いが無くて声に統一感が出る、と感じたのはこの機会でした。
 これ以降は、思い切って一気に録音することが増えました。ノイズや収録ミスの確認は別途必要なのですが…(※不備が多い人)

【原音設定】
今回も、特にこだわりはありませんでした。
一部の波形が通常連続音と結構異なっていて、興味深く感じた覚えがあります。(意図せず、発音や溜めの有無が変わっていたからかも…)
また、tn_fndsを主に使うために、伸縮範囲の設定を後から直したような…

【まとめ】
動作が比較的安定しており、キャッチーな可愛らしさのある声にできたのではと感じていました。
配布動画やカバー動画を沢山の方に聴いて頂けて、とても嬉しいです!!
茅歌コナギといえば、このわたすげの歌声をイメージされる方も多いかもしれません。
自分自身でももっと使って行きたい音源の一つです。

テーマ:UTAU - ジャンル:音楽

【振り返り】茅歌コナギ-こうほね(明連続音)ver.1.0 について

音源について、制作してみた感想や意図、反省点などをふりかえる記事です。
日記のようなものですので有益な情報はありません!!


茅歌コナギ-こうほね(明連続音)ver1.0(2016年6月12日配布)
配布動画:


【音源の特徴】
明るく能天気な声色、強さはやや強め
…どこまでも明るく元気に歌います。低音はやや苦手です。
良い点:
 とにかく明るい。元気。発音がはっきりとしている。
悪い点:
 音質があまり良くない。
 発音が歌らしくない。(喋り声っぽい、しつこい発音です。)
 明るすぎて容赦のない雰囲気がある。(ちょっと狂気的です。)

少し幼く、かなり能天気な声(&発音)なので、結構曲を選ぶと思います。
より自然な明るさを求めるならば「とちかがみ」(歌連続音ver.0.9)、「みずあおい」(再録通常連続音)がふさわしいかと思います。
声の強さ・癖の強さとしては、声質的に正反対(暗めで老け気味)の「おもだか」(強連続音)に似ていると思っています。

【制作の意図】 
通常連続音を使っていて「声の明るさが中途半端だな」*と感じることが多々あったため、
思いっきり明るい音源を作ってみよう!と考えたのがきっかけでした。
*…明るく元気な曲を歌ったときについていけないのが気になっていました。
 いま思うと、声の明るさというより発音のマズさのせいで盛り上がらなかった(肝心なところで格好悪くなっていた)のかも…。

なお、こうほねの前に、明音源として制作して没にした音源があります。
サンプル(供養) https://tmbox.net/pl/1145139
いわゆる「歌連続音」(一定のメロディーに沿って録音する、一つの原音の中で音程が上下する音源)の方式で収録した、3音階の連続音でした。
声質自体は明るく伸びやかで、こうほねより自然だったのですが、UTAUを通したときのガサガサしたノイズ*が気になって配布に至りませんでした。
*…原因は複数考えられます。通常連続音と同じく収録環境が良くないこと、不得意な音域(低音)で無理に声を出した結果原音自体がガラガラしてしまったこと、歌連続音方式をとったために声が不安定(震えたり…)になったこと、周波数表の修正が上手くいかなかったこと…
歌連続音のリベンジは「とちかがみ」で行いました。(これも不備が多くver.0.9として配布していますが…)


【録音の際に気をつけたこと】
とにかくどこを切っても明るい声にしようと心がけました。
特に低音になると弱く暗くなりがちだったので、録音を何度かやり直した覚えがあります。
途中で「明るさって何だろう、これで良いのかな…」と悩むこともしばしばありましたw
今なら、何か「この曲を歌うときの声のイメージで…」と決めてから録音していたと思うのですが、
このときはまだそうした声質を揃えるための手段を知らなかったので、
「明るい」という抽象的なイメージを追いかけていたように記憶しています。
結果として、確かに明るいには明るいのですが、ちょっと明るすぎる個性的な声になりました。

【原音設定】
通常連続音から進歩がなく、これといって気をつけた点はありません。
3音階分没にした上で4音階分の原音設定をするのが、結構つらかった覚えがあります。
(記憶が正しければ、一通りの設定が終わった後に容量を減らそうと左右のブランクを切ったので、そこでもう一度原音設定をやり直したような…なんだったんだろう)

【まとめ】
「明るい音源を作る」という当初の目的は(一応)達成できたのですが、
結局低音の苦手さが解決できなかったり、歌として不自然な発音があったりと、新しい課題が見つかりました。

この音源は自分で思っていた以上に多くの方に使っていただいていまして、本当にありがたいです…!

テーマ:UTAU - ジャンル:音楽

【振り返り】茅歌コナギ通常連続音ver1.0、1.1について

音源について、制作してみた感想や意図、反省点などをふりかえる記事です。
日記のようなものですので有益な情報はありません。


茅歌コナギ通常連続音ver1.0、1.1(2016年1月14日配布、3月13日更新)
配布動画:


【音源の特徴】
やや明るめの声色、強さは普通~やや強め?
…暗くはないのですが、明るい曲を歌わせると盛り上がりについていけません。
後の音源と比較しますと、「みずあおい(再録通常連続音)」の方が若干声が明るく元気で、こちらのほうがしっとりした感じです。
声の明るさ自体は「ひつじぐさ(柔連続音)」が近いと感じています。

良い点:
 伸びやかに歌う。(「みずあおい」と比べても、伸びやかさだけはこちらのほうが優れているかも…)
悪い点:
 音質が良くない。(録音音質の悪さ、低音を無理に出したのでUTAUを通したときにガラガラ感が増幅。)
 発音が歌らしくない。(個人的には一番の難点だと思っています。)
 音素が少ない。(ver1.1で語尾息を追加しました。エッジ音素等は未搭載です。)


【制作の意図】 ※前座長いです!!
2015年の夏~秋頃から急速にUTAUにハマりました。(UTAUカバー曲を聴き漁っていました。)
それまでは、UTAUの存在を知っていたものの僅かな音源さんについてしか知りませんでしたし(主にVIPPALOID)、自分自身ではボカロを触ったことがないのもあって、
「UTAUって難しそうでごく一部の人しか操作できないんだろうし、
そういう人たちが素晴らしい作品を発表しているんだろうな…」
というようなどこか敷居の高い(?)印象を持っていました。
(UTAUに多少詳しくなれたいまでも、辺りを見ると凄い音源さんばかりですし、
 尊敬しているユーザーさんばかりなのですが…)

様々なカバー曲を聴くうちに、UTAUの素敵な歌声(リアルさ、個性、力強さなどなど)にすっかりハマってしまったのとともに、
UTAUという文化の裾野の広さ?のようなものを感じ、大変興味深く思うようになりました。
まず星の数ほど多くの音源さんがあるということ、そしてそのほとんどは一般のユーザー・UTAUファンが制作したものであること、ビジュアルや設定も多種多様で
作った人の好みや思いが反映されていること…
UTAUについて知るたびに、自分もUTAUに関わってみたいという気持ちが強くなりました。

幸い、録音の機材(大したものではありません)を持っていたのと、
身近にUTAU向け音源を制作されている方がいて録音ソフト(OREMO)を教えてくださったこと、
そして何よりネット上に音源制作に関する情報*が沢山公開されていたことから、
自力で録音し音源を作ることができました。
*ページ末尾に掲載させていただきます。

とにかくまず一つ音源を作ってみたいという気持ちがあり、
単独音より連続音のほうが自然に歌うらしいし、もしかしたら誰かの目に留まって使ってもらえるかもしれない…
などといった(よこしまな?)考えから連続音を選びました。


【録音の際に気をつけたこと】
漠然とですが、喋り声ではなく歌声っぽく録音しようと心がけていました。
結果として、ガイドBGMのテンポが遅めなこともあって声自体は比較的伸びやかで
歌らしくなっているかと思います。
しかし、発音は歌らしくない部分が目立ちます。
(イ段やウ段に顕著で、喋るときのように大げさに口を動かしています。)
一部は再録したのですが、結局あまり気にしないまま配布してしまいました。
「おもだか(強連続音)」などでは、なるべく発音にも気をつけて、
歌の中で出てきても違和感のないようにするよう心がけています…


【原音設定】
ページ末尾の参考サイトを拝見して、見よう見まねで設定しました。
とくにこだわりもありませんでした…
一部、が行の発音が(意図せず)ガ行風味になっていたところは、
波形を見てガ行のように原音設定した覚えがあります。


【まとめ】
今あらためて使ってみると難点も多い音源ですが、失敗は今後に活かさねばと思えましたし、コナギといえばこの声だと自分では思っています(ブレまくってますが…)。
また、ツイッターで配布動画を見て下さった方々に出会い、UTAUつながりで初めて知り合った方々として今でも大変お世話になっています。(皆さんありがとうございます…!)
音源制作の面でも、コミュニケーションの面でも、以後の活動の基礎となる大切な音源になりました。



*:お世話になったサイト(このほかにも色々なページを参考にさせていただきました。)
 (1)「UTAU音源制作wiki」 https://www45.atwiki.jp/vbmaker/
   …こちらのサイトなくして音源制作は不可能だったと思います。
    今でもお世話になっています(ガイドBGMを探したり、
    CVVCの制作について調べたり…)
 (2)「あみたろの声素材工房 小春音アミ」内「原音設定をカスタマイズ」
   あみたろ様 http://www14.big.or.jp/~amiami/happy/utau.html
   …こちらのページにたどり着くまで、連続音の2音目以降の原音設定を
    どうすれば良いのか全くわかりませんでした…
    先行発声や固定範囲の意味、行ごとの詳細な説明など大変解り易く解説して下さっています。
    (こむぎこはこちらのページに頼りすぎている感…そろそろちゃんと、自分なりのこだわりを見つけて行きたいです)
 (3)「UTAU ユーザー互助会@ ウィキ」 https://www20.atwiki.jp/utaou/
 (4)「UTAU音声ライブラリwiki」 http://utau.wiki.fc2.com/
 (5)「kenchan UTAUのホームページ」内「UTAU操作マニュアル」
   kenchan様 http://kenchan22.web.fc2.com/
 (6)「UTAU Visual Archive」KITA様 http://utaudatabase.wiki.fc2.com/

 このほかにも、各ソフト・プラグインの作者の方々のブロマガ、togetterやブログの記事*、
 解説動画などを沢山参考にさせていただきました。ありがとうございます。
  *https://togetter.com/li/178284 、
   https://togetter.com/li/709653 、
   http://d.hatena.ne.jp/maruloop/20110306/1299369855 など
   合成後に生じるノイズの対策(低音シフトの限界・周波数表…)といった、やや細かい話題については適宜検索して情報を集めさせていただきました。いずれも大変ありがたい記事です。

テーマ:UTAU - ジャンル:音楽